アンテナガイド

衛星インターネット「スターリンク」日本でも開始!設置はどうする?

  1. HOME >
  2. アンテナガイド >

衛星インターネット「スターリンク」日本でも開始!設置はどうする?

スターリンク(Starlink)が2022年10月に日本でのサービスを開始しました。
アジアでは初となるスターリンクのサービス提供ですが、最近よく目にするけどなんのことかわからないといった方も多いと思います。
スターリンクとは、低遅延のインターネットがどこでも使える衛星インターネットサービスのことです。

  • スターリンクのメリットは?
  • どこで申し込めばいいかわからない
  • 料金はいくら?
  • アンテナの設置方法がわからない

といったスターリンクの疑問について詳しく解説します。

スターリンクって何?

スターリンク(Starlink)とは、米国の会社「スペースX社」が展開する衛星インターネットアクセスのサービスのことです。

「スペースX」は、テスラのトップも務める、実業家のイーロン・マスク氏が作った会社としても有名です。

スターリンクの対応エリア

画像:Starlink

2022年10月から日本での提供が始まり、沖縄など一部の地域を除く、ほぼ全国で使うことができます。

スターリンクの仕組み

画像:Starlink

宇宙にある数千基のスターリンク衛星が電波を飛ばし、それを地上に設置してある専用のアンテナでキャッチすることでインターネットが使えます。

複数の人工衛星を組み合わせることで、地球全体への通信サービスの提供が可能になります。複数の衛星を組み合せる方法を「衛星コンステレーション」と言います。コンステレーションとは「星座」や「集合体」といった意味があります。

スターリンク公式サイトからスターリンクを申し込むと専用のアンテナとWi-Fiルーターが家に届きます。
これらを設置し、電源をいれるだけで簡単に近くの衛星からインターネットに繋がります。

他の衛星との違い

従来の衛星インターネットサービスの多くは、高度35,786kmで地球を周回する1基の静止衛星によって提供されていました。そのため、地球と衛星との間をデータが往復する時間が多くなり、遅延が大きくなっていました。

対して、スターリンクは、高度約550kmという一般的な衛星よりはるかに低い軌道を周回します。それにより、通常は600ミリ秒以上あった遅延が約20ミリ秒と大幅に短縮されています。

画像:Starlink

また、数千基という衛星で地球全体をカバーしているため、地球上のどの場所にいてもインターネットを利用することができます。

スターリンクのメリット

高速・低遅延での通信が可能

これまでの高軌道衛星を使った通信に比べ、はるに軌道が低い低軌道衛星を使うため、低遅延な通信が可能です。
レイテンシ(遅延)は20ミリ秒で、下り速度は100~200Mbps程度です。
ストリーミングやビデオ通話、オンラインゲームなど高速で低遅延が必要なアクティビティを楽しむことができます。

カバーエリアが広い

画像:Starlink

これまでのインターネットでは光回線ならケーブルを家まで引く工事をしなければ繋がりませんでした。スマホなら最寄りの基地局からの電波が必要でした。

スターリンクにはこれらの「ケーブル」や「最寄りの基地局」が不要です。
専用のアンテナとルーターさえあれば、衛星から直接ネットを拾うことができます。
そのため、ケーブルや基地局がない地域でもインターネットに繋がることができます。

  • 山奥
  • 離島
  • 災害が起こった地域
  • 戦争が起こった地域

といった、これまではインターネットに繋ぐことが困難だった地域でもインターネットに繋ぐことができます。

非常用の回線として優秀

画像:Starlink

日本は地震大国です。それに加えて、近年では台風や大雨などによる自然災害も増えてきています。

災害発生時には、携帯電話ネットワークの大規模な通信障害が発生することが予想されます。
また、光回線の場合でも、光ファイバーを引いている電柱が損傷を受けたらネットに接続できなくなります。

スターリンクは、こういったスマホの通信や光回線とは全く別の仕組みの新しいインターネットサービスのため、影響を受けません。
そのため、非常用の回線として契約しておくといった使い方もできます。

光回線工事がいらない

スターリンクは申込みをしたらインターネットに接続するためのキット一式が届きます。

画像:Starlink

このキットには、スターリンクアンテナやWi-Fiルーター、ケーブルなどネット接続に必要なものが揃っています。電源をいれるだけで光回線工事などの工事いらずで簡単にネットに繋ぐことができます。

スターリンクの料金・プラン

現在、スターリンクの個人向けのプランは以下の2つがあります。

プラン名月額初期費用
STARLINK レジデンシャル6,600円73,000円
STARLINK RV9,900円73,000円
2023年1月現在

現在期間限定価格で初期費用が半額の36,500円となっています。

STARLINK レジデンシャル

画像:Starlink

レジデンシャルは、自宅など一つの場所で使う人向けのプラン。

契約した住所にアンテナを設置して使います。
これまで光回線が通っていなかった場所や、電波が弱かった地域でも、ストリーミング、ビデオ通話、オンラインゲームなど従来の衛星インターネットでは不可能だった色々なアクティビティが可能になります。

オプションでPortabilityを追加すると、STARLINKアンテナを持ち運んで自宅以外の場所でインターネットにつなぐことができます。

STARLINK RV

画像:Starlink

RVプランは持ち運んで様々な場所で使う人向けのプランです。

初期費用はかかりますが、使わない月は料金がかかりません。
使う月はオンにして、使わない月はオフにして節約するといった使い方ができます。
そのため、たまにキャンプなどでインターネットを使いたい方や、非常用として持っておきたいと言う方にオススメです。

スターリンクアンテナの種類

STARLINK 標準

画像:Starlink

日常家庭でのストリーミング、ビデオ通話、オンライン ゲームなどのインターネット利用を想定したモデル。

内容物

画像:Starlink

スターリンクキットには、Starlink、Wi-Fiルーター、ケーブル、ベースなど必要なものがすべて付属しています。

STARLINK 高性能

画像:Starlink

スターリンクビジネスでは、最大350Mbpsのダウンロード速度と20~40ミリ秒の低遅延が期待できます。厳しい要件が予想されるオフィスや店舗などの環境で、最大20ユーザーを対象に高スループットの接続が提供されます。

内容物

画像:Starlink

スターリンクビジネスキットには、Starlink、ウォールマウント付き電源、Wi-Fiルーター、ケーブル、ベースなど、インターネット接続に必要なものが全て含まれています。

また、スターリンクビジネスでは、24時間365日の有線サポートが受けられます。

STARLINK フラット高性能

画像:Starlink

モバイル用途および厳しい環境向けに設計されています。視野の拡大と GPS 機能の強化により、より多くの衛星に接続できるため、外出先でも安定した接続が可能になりました。ハードウェアは常時設置を意図して設計されているため、過酷な環境にも態勢があります。現在、承認された国で唯一、移動中の使用を意図して設計されています。

内容物

画像:Starlink

スターリンクRVキットには、Starlink、ウェッジ マウント キット、ルーター、ルーター マウント、電源、電源マウント、ケーブルなど、インターネットに接続するために必要なものがすべて含まれています。

スターリンクの注意点

空が開けている必要がある

スターリンクの利用には、アンテナの周りの空が開けている必要があります。
スターリンクアンテナは自動で向きを変えながら衛星を探して電波を受信します。
樹木、ポール、屋根など、スターリンクと衛星の接続を妨げる物体があると、通信が途切れたり遅くなったりして、満足に使うことができません。

レジデンシャルプランでは移動中の利用はできない

現在、レジデンシャルプランでは移動中の利用はできません。
旅先で使いたいといった場合は、追加オプションのPortabilityを追加すると自宅以外の場所でも使えます。
移動中の車で使いたい場合は、RVプランを利用しましょう。

利用には専用のアンテナが必要

スターリンクの利用にはスターリンク専用のアンテナが必要です。
設置を業者に申し込む前に、自分で公式サイトから注文しておきましょう。

スターリンクの申込み方法

Starlink公式サイト「https://www.starlink.com/」にアクセスします。

ページの上の方に住所を入力する欄があるので、そこに自分の住所(使用する場所)を入力して「今すぐ注文」を押します。

画像:Starlink

すると注文画面に飛びます。
ここで、自分の個人情報等を入力して「注文する」を押します。

画像:Starlink

注文内容の確認メールが届きます。
これでスターリンクの申込みが完了しました。
アンテナが配達されるのを待ちましょう。

スターリンクの設置を業者に依頼する

スターリンクを申し込んだらアンテナを設置する業者に設置を依頼しましょう。

スターリンクのアンテナの設置は危険な高所作業になります。万が一のこともあるので、アンテナ設置の専門業者に設置を依頼することをおすすめいたします。

スターリンクアンテナを設置するにあたって気をつけたいことが2点あります。

  • ケーブルの配線
  • アンテナを高くまであげる必要がある

ケーブル配線

1つ目はケーブルの配線です。

スターリンクのアンテナケーブルは20m弱の太くて固い柔軟性があまりないケーブルです。
これを家の中に引き込み、ルーターまで配線しなければなりません。
アンテナを専門に設置してきた業者におまかせすれば、配線まできれいに仕上げてくれます。

アンテナを高くまで上げる必要がある

2つ目はアンテナの重さです。

スターリンクのアンテナは上空に何もない開けた場所に設置しなければなりません。
スターリンクのアンテナは当初のモデルと比べ軽量化しましたが、まだまだ4.2kgと重いです。
これを屋根の上に取り付けることは未経験の人は難しいと思います。
屋根の上での設置作業は危険な高所作業となります。落下したら命に関わる事故につながることもあります。
また、アンテナが落下して下にいる人にあたってしまう事も考えられます。
そうならないように、少しでも設置に不安を感じたらアンテナ設置の専門業者に依頼することをおすすめいたします。

スターリンクの設置もスターアンテナにお任せください

Star Antena

スターアンテナでは、スターリンクアンテナの設置も行っています。
これまでに数万基のアンテナを取り付けてきた実績があります。
個人では難しいスターリンクのアンテナ設置もスターアンテナにお任せください。

アンテナ工事の無料見積り

Star Antena

現地調査・お見積り無料です。お気軽にお問い合わせください!

アンテナ工事の無料見積もり

スターアンテナの対応エリア

-アンテナガイド