お役立ち情報

テレビアンテナの4大メーカーの紹介と各社それぞれの特徴

  1. HOME >
  2. お役立ち情報 >

テレビアンテナの4大メーカーの紹介と各社それぞれの特徴

テレビアンテナ4大メーカーの紹介

テレビアンテナは、地上波やBS・CSなどの放送を受信するために必要な機器です。
しかし、同じように見えるアンテナでも、メーカーによって性能や品質に違いがあります。
そこで、日本を代表する4大メーカーのそれぞれの強みや特徴を紹介します。

日本のテレビアンテナメーカー

4大アンテナメーカー

マスプロ電工株式会社

マスプロ電工株式会社

マスプロ電工の特徴

  • 1953年に設立された老舗メーカーで、業界トップのシェアを持つ。
  • 本社は愛知県で、「マスプロ美術館」を併設している。
  • アンテナ以外にも光伝送システムやワイヤレスセキュリティなども手がける。

テレビアンテナメーカーのマスプロ電工は、日本のテレビアンテナでトップシェアを誇る電気機器メーカーです。
同社は、地上デジタル放送用のUHFアンテナやBS・110度CS放送用のパラボラアンテナなどを製造・販売しており、ブースターや分配器・分岐器などの周辺機器も充実しています。
また、セキュリティ機器や通信機器なども手がけています 。

同社の特徴は、豊富なラインナップと高い技術力です。
UHFアンテナでは、八木式アンテナやデザインアンテナ、卓上アンテナなどを展開しており、強電界から弱電界まで幅広い地域に対応しています。
デザインアンテナでは、「ユニコーン」と「スカイウォーリー」という2つのブランドを持ち、屋根設置用と壁面設置用という異なるニーズに応えています。
パラボラアンテナでは、4K8K衛星放送に対応した製品や耐風速70m/sの製品などを提供しており、高品質で安定した受信を実現しています。

マスプロ電工には、「親切・技術のMASPRO」、「マルチメディアのMASPRO」というキャッチコピーがあり、顧客満足度も高いです。
同社は物流倉庫や事務端末などにも無線LANシステムを導入し、効率的な運用を行っています。
また海外展開も積極的に行っており、イギリスやドイツなどに販売拠点を持っています。

DXアンテナ株式会社

DXアンテナ株式会社

DXアンテナの特徴

  • 1956年に設立された老舗メーカーで、業界2位のシェアを持つ。
  • 社名の「DX」は遠距離通信を意味する無線用語であり、「遠距離から来る微弱な電波を強力にキャッチする優れたアンテナ」という理念が込められている。

DXアンテナ株式会社は、テレビ用受信アンテナやケーブルテレビ・共同受信用機器などを製造・販売する日本の電気機器メーカーです。
1956年に関西テレビ工業株式会社として設立され、1966年に現社名に変更しました。
社名の「DX」はアマチュア無線で遠距離通信を意味する略符号で、「遠距離から来る微弱な電波を、強力にキャッチする優れたアンテナを作っていく会社」という意味が込められています。コーポレートステートメントは「情報伝送システム企業へ」です。

DXアンテナは、日本国内におけるテレビアンテナのシェア率2位となっており、地上デジタル放送やBS/CS放送に対応した各種アンテナやブースター、分配器などの製品を提供しています。
また、クラウド録画サービス「Antenna-eye」やネットワークカメラソリューションなども展開しています。
2017年からは、コンピュータ周辺機器メーカーのエレコム株式会社の子会社として事業を行っています。

日本アンテナ株式会社

日本アンテナ株式会社

日本アンテナの特徴

  • 1953年に設立された老舗メーカーで、業界3位のシェアを持つ。
  • 海外展開も積極的で、フィリピンやアメリカなどに販売拠点を持つ。
  • 2019年には東芝コンシューママーケティングからアンテナ・メディア事業を譲受した。

日本アンテナは、テレビアンテナだけではなく、無線通信用のアンテナや自動車用のアンテナなどの製造・販売でも実績を積み重ねているメーカーです。
国内シェアは3位で、中規模から大規模なマンションでのアンテナ関連工事や、ケーブルテレビ関連サービスをメイン事業としておこなっています。他の2社との大きな違いは、海外への積極的な進出です。1975年にイギリス、1991年にドイツに販売拠点を設立したほか、アメリカ、フィリピン、中国など海外展開を積極的に行っています。

日本アンテナの特徴は、弱電界地域での受信性能が高いことです。地上デジタル放送用の八木式アンテナでは、5素子から27素子までの幅広いラインナップを展開しており、パラスタックアンテナという高性能な製品もあります。
また薄型UHFアンテナ(平面アンテナ)も充実しており、カラーバリエーションや金具も豊富です。4K8K衛星放送対応のBS・110度CS放送用パラボラアンテナでは、雪害対策に融雪装置がついた製品も揃えています。

日本アンテナは、「安心・安全・快適」をコーポレートスローガンとし、「人々がより豊かで快適な生活を送れるように」という理念のもとに技術革新に努めています。長年培った経験とノウハウを生かし、多様化するニーズに応えるために常に挑戦し続けている企業です。

サン電子株式会社

サン電子工業株式会社

サン電子の特徴

  • 1960年に設立された比較的新しいメーカーである。
  • 地上波だけでなくBS・CS用のパラボラ型や平面型のアンテナも製造している。
  • 防水キャップや接続部品なども自社開発しており、一貫した品質管理が行われている。

サン電子は1970年に創業しました。
地上デジタル放送や新4K8K衛星放送を含むBSデジタル放送、110度CSデジタル放送、ケーブルテレビの受信システム機器や光ネットワーク機器、LAN配線機器などを開発・生産・販売・施工しています。

サン電子の商品ラインナップは豊富で、防災行政無線関連機器や情報分電盤(コムスペース)、TLCモデム(同軸LAN)、タイムサーバー、LANシステム機材などがあります。
中でも注目したいのが、地上放送用アンテナです。
サン電子は地上デジタル放送用UHF平面アンテナ「WAVE GATE」を発売しました。
このアンテナは従来のパラボラアンテナよりも薄くて軽くてコンパクトで、設置場所を選びません。しかも高性能で高感度で安定した受信が可能です。さらに色もアイボリーホワイトやグリーンベージュやセミグロスブラックなどから選べるので、外観にもこだわれます。

アンテナの豆知識

八木式アンテナは日本人が発明した

魚の骨の形をした八木式アンテナをご存知ですか?
実はこの八木式アンテナは日本人が発明したんです。

八木式アンテナの発明者は八木秀次と宇陀新太郎という2人の物理学者です。1926年に東京帝国大学で研究を始めました。
当時、電波の伝播に関する理論はまだ未発達でしたが、彼らは実験と数学的な解析を組み合わせて、電波を集める効率の高い形状を見つけ出しました。
それが八木式アンテナです。

八木式アンテナは、1939年に特許を取得しましたが、戦後まで機密にされてきました。一般に公開されたときには、世界中で注目されました。
今でも多くの国で使用されており、日本人の優れた技術力を示すものとなっています。

スターアンテナの取り扱いアンテナは安心の国産メーカー

国産のテレビアンテナは、日本の電波環境に合わせて設計されており、高品質で高耐久があります。
また、故障やトラブルが発生した場合でも、メーカーのサポートや修理が受けやすいというメリットがあります。

スターアンテナで取り扱っているアンテナは全て国産メーカーのものです。
マスプロ電工のユニコーンアンテナやDXアンテナの強風対策用穴あきBSアンテナも取り扱っています。
豊富なアンテナの製品の中からお客様の家に合ったアンテナを選択し、ベストなアンテナ工事をお客様に提供しています。

アンテナ工事をする際には、ぜひスターアンテナへお任せください。
お見積りは無料です。WEBから簡単にお見積り依頼ができます。まずはお気軽にお問合せください。

アンテナ工事の無料見積り

Star Antena
Star Antena

Webお見積り無料です。お気軽にお問い合わせください!

アンテナ工事の無料見積もり

-お役立ち情報