千種区のアンテナ工事 名古屋市のアンテナ工事 愛知県のアンテナ工事

2021年2月24日 千種区の新築住宅で最新型4K8K放送対応BSアンテナと地上波屋根工事施工

  1. HOME >
  2. 愛知県のアンテナ工事 >
  3. 名古屋市のアンテナ工事 >
  4. 千種区のアンテナ工事 >

2021年2月24日 千種区の新築住宅で最新型4K8K放送対応BSアンテナと地上波屋根工事施工

名古屋市千種区の一戸建て新築住宅に、地上波デジタル放送と4K8K放送対応BSアンテナ工事を行いました。

千種区内では標準的な地域です。

今日はこちらの住宅に、屋根裏への地デジと4K8K放送対応BSアンテナ工事を行います。

建物左手の電線の入線口付近にアンテナの引き込み口がありました。

BS放送は南西方向から電波が到来しますので、この西壁に南西向きにBSアンテナを取り付けます。

BSアンテナは方位と仰角を合わせれば電波が受信できますので、設置場所の選択肢はとても多いです。

屋根の上でもベランダでも大丈夫ですし、1階のもっと低い場所でも構いません。

とはいえ、アンテナ設置しただけではテレビは映りませんので、アンテナ配線に接続する必要があります。

今回はこの西壁に都合よくアンテナ配線が出ていましたので、サクッと施工することができました(^^♪

次に地デジアンテナ工事に取り掛かります。

地上波デジタル放送は周辺の建物の影響を大きく受けます。
田んぼの中の一軒家であれば問題ありませんが、千種区でその様な環境はあり得ません。

屋外に取り付ける場合は、周囲を見回しながら施工できますが、屋根裏の場合は建物内に入ると外が見えないので、屋根裏に入る前に近隣の建物の位置関係を頭の中に記憶してから、電波調査を行います。

屋根裏へ来ました。

居室と違い、照明はありませんので真っ暗です。
床も梁があるだけですし、壁も断熱材がむき出しになっています。
屋根裏内で電波状況の良い場所、周辺の建物の影響が少ない場所を選定して行きます。

そして最も重要なのが、「将来的な環境変化が起きにくい場所」を選ぶという事です。

テレビアンテナは、一度設置したら何十年と使用する住宅関連設備です。

「工事した直後は映ったけど、数年してお隣りが建て替えたら映らなくなってしまった」というような事は、極力避けたいですよね

アンテナ工事専門店Star Antenaでは、ただテレビが映るアンテナ工事ではなく、30年後に本当に喜んでいただけるアンテナ工事を提案させていただいています。

愛知県の地域密着アンテナ工事店ですので、この地域の地理的特性・電波事情を熟知しています。

この地域に最も適したアンテナ工事プランを、ご提案させていただいています。

この度はStar Antenaに、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

Star Antena公式Instagramアカウント

-千種区のアンテナ工事, 名古屋市のアンテナ工事, 愛知県のアンテナ工事
-, ,