サイドベースアンテナ設置工事 愛知県のアンテナ工事 名古屋市のアンテナ工事 北区のアンテナ工事

2020年10月31日 名古屋市北区で最新型4K8K放送対応BSと小さな地上波テレビアンテナ新築工事

  1. HOME >
  2. サイドベースアンテナ設置工事 >

2020年10月31日 名古屋市北区で最新型4K8K放送対応BSと小さな地上波テレビアンテナ新築工事

名古屋市北区の新築住宅に4K8K放送対応BSと地上波アンテナ工事を行いました。

3階建ての新築住宅です。

このあと赤丸位置にアンテナを設置して行きます。

名古屋市中心部に近い北区は建物がたくさん建っています。

大きなマンションなども多く、アンテナ工事の際はいろいろ神経を使う地域ですね(^^♪

今回の住宅は3階建てですので、建物の高さを生かしたアンテナ工事としました。

一般的に、アンテナは高く上げた方が受信感度は良くなります。

上記写真をご覧いただいても分かるように、上部に行けば遠くまで見晴らしうが良くなります。

見通しが良いということは、電波を遮る障害物も少ないわけですから、当たり前と言えば当たり前ですよね(^^♪

但し、一般の方々が想定されておられる以上に、この高さの違いはとても重要なんです。

今回の場合でいえば、この位置より2m下の2階の上部付近は、電波量が約10分の一程度まで減衰していましたし、3m下の2階のバルコニー付近では一部のチャンネルは受信不可能レベルまで低下していました。

つまり、「ちょっとの違い」ではなく、「とても大きな違い」となる訳です。

アンテナを高性能な仕様、大きなサイズの物を使えば大丈夫じゃないの?という声を時々聞きますが、大型の物に交換しても精々1割程度の改善しか見込めません。

極論を言えば、一部の地域や一部の環境下以外では、アンテナの性能の違いによる受信レベルは「誤差の範囲」程度しか違いが無いといっても過言ではないと思います。

大型のアンテナで見替えも悪く台風の心配をするよりも、受信環境の良いポジションに軽くて小型のアンテナを設置した方が、10倍以上受信状態が向上するということです。

アンテナ工事専門店Star Antenaでは、最新のアンテナ工事をご提案させていただいています。

災害に強く、美しく綺麗なアンテナ工事をご希望の方は、一度ご相談お持ちしています。

この度はStar Antenaに、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

© 2020 愛知・岐阜のアンテナ工事専門|Star Antena