岐阜県のアンテナ工事 岐阜市のアンテナ工事

2020年7月23日岐阜市で受信不良修理:原因調査して的確なテレビアンテナ補修

  1. HOME >
  2. 岐阜県のアンテナ工事 >

2020年7月23日岐阜市で受信不良修理:原因調査して的確なテレビアンテナ補修

岐阜市にお住まいの方から、最近テレビ愛知とNHKが映らなくなってしまったとのご相談をいただきました。

10年ほど前に他店で工事されたとのことです。

んーでも20年ぐらいは経過しているような気がします。

まあ何はともあれ原因調査を行います。

受信不良が発生すると、真っ先にアンテナの故障?を疑う方が多いと思いますが、受信不良の原因は様々あり、アンテナ本体が故障する例は極めて珍しく、そのほかの原因が大半です。

プロのアンテナ工事職人は可能性の高い部位から調べて行きます。

アンテナ本体が故障している可能性が最も低いため、調べること自体時間の無駄ですのでアンテナ本体調査は最後の最後とします。

屋根に登りました。

古いアンテナですが、見た目は大丈夫そうです。

何やら中央に白い機器がついています。

怪しいです。

アナログ時代に取り付けられた、岐阜地域限定のUUミキサーです。

これはテレビ愛知を受信させるための当時取り付けられたものです。

テレビ愛知は愛知県の圏域放送局で、サービスエリアは愛知県です。

岐阜県はサービスエリア外のため基本的には受信できない地域です。

但し、弱いながらも電波は来ていますので、この様に受信対策を行うことにより、見れるようにすることも可能な場合も少なくありません。

細かく電波状態を調べて行くと、どうやら今回の犯人はこれのようです(>_<)

地上波デジタル放送時代となり、アナログ時代とはテレビ塔の位置や電波の特性が少し変わりました。

変化は大きくないため、大半の地域や大半の住宅では、特に何もしなくても今まで通り受信できると思いますが、今回のように本来映らない地域で映らないチャンネルを無理やり受信させているような場合は、受信可能レベルギリギリで調整されていることは珍しいことではありません。

元来ギリギリの状態であるため、小さな環境変化でも受信不良に陥るということは、よくあることです。

不要な配線を外して、ブースターも再調整して、テレビ愛知とNHKが復活しました。

本当は方向調整も行いたいのですが、古いためネジが錆びついています。無理に触ると寝た子を起こすことになりかねませんので、余計なことはしないようにします(^^♪

 

やはり今回も原因はアンテナ本体ではなく、アンテナ周辺機器の問題でした。

テレビ映りにお困りの方は、アンテナ工事専門店Star Antenaへ!

ご相談お待ちしています。

この度はStar Antenaに、ご依頼いただき誠にありがとうございました

© 2020 愛知・岐阜のアンテナ工事専門|Star Antena