岐阜市のアンテナ工事 岐阜県のアンテナ工事

壁にテレビアンテナを取り付ける工事を岐阜県岐阜市で行いました

  1. HOME >
  2. 岐阜県のアンテナ工事 >
  3. 岐阜市のアンテナ工事 >

壁にテレビアンテナを取り付ける工事を岐阜県岐阜市で行いました

岐阜市の北部地域で、壁面デザインアンテナと、4K8K対応最新型BSアンテナ隠ぺい工事を行いました。

今日も、施工事例を紹介していきたいと思います。

ここは、岐阜市の福光地区です。

テレビ塔は眉山にある長良局の受信地域となります。

アンテナ線引き込み口が北方向にあり、テレビ塔方向でしたの地上波には好都合でした。

 

 

アンテナ設置位置から見たテレビ塔方向です。

障害となる建物もなく、品質の良い電波がキャッチできました。

大きなアンテナも必要ないようでしたので、小型のデザインアンテナで施工させていただきました。

 

庇の上部付近に設置しましたので、それほど目立たない位置となります。

また小型ですので、知らない人から見たら、アンテナだとは気が付かないかもしれませんね♬

 

今回の問題はBSアンテナです。

BS放送は南西方向から電波が到来しますので、アンテナ引き込み口とは真逆の方向となります。

しかも、BSアンテナを隠ぺいを希望されておられましたので、設置位置も限定されます。

予めこの場所にアンテナ線が来ていれば問題はないのですが、先ほどの地デジの場所にしかアンテナ線は来ていないようです。

 

このような場合でも、幾つか対処方法があります。

今回はBSアンテナから、建物を半周させ延々とアンテナ線を延長する方法で施工しました。

ちょっと大変な工事です。

 

引き込み口が一カ所しかないので、屋外で地上波とBS波を混合させます。

通常はこのような手法では工事を行わないのですが、今回は特別な理由がありましたので、この機器を使い必要がありました。

 

その理由とは?

「建物に予めブースターが設置されていた」ということです。

多くの場合、ブースターは我々アンテナ工事業者が、建物状況・電波状況・希望放送などを鑑みてセレクトするのですが、一部のハウスメーカーでは予め設置されることがあります。

えっ!それって問題なの?

というご意見もありますので、以下に説明します。

 

メリット

 

step
1
税制と金利のメリットがある


予め設置することにより、建築請負代金と合算できます。住宅ローンで多くの借り入れができるため、低利で多くのお金を借りることができます。サラリーマンの方々は、住宅取得減税の対象金額も多くなれば、所得税の控除も増えると思います。

デメリット

step
1
オーバースペック

ハウスメーカーで予め設置するブースターは、マルチブースターが一般的です。

入居される方がどのような手段でテレビを見るか予め分からないため、アンテナ・ケーブルテレビ・光テレビ、どれでも対応可能なブースターを使用するのが一般的です。

高性能な機器ではありますが、結果として不要な機能も備えた、高スペックな設備機器となります。

step
2
価格が高い

高性能であるということは、価格も高いということになります。

今回のケースでは、このブースターは20万円程度、情報ボックスや施工費まで含めると30~40万円程度ではないかと思います。

今回のアンテナ工事で通常当店が使用する場合は、2万円のブースターとなります。

なんと!10~20倍以上の価格差となります。

step
3
ハウスメーカーはそもそも高い

そもそも、不必要な過剰スペック工事を当店では行いませんが、全く同じ工事を依頼されたら、半額以下で行うことができます。

step
4
余分な工事が必要となる

このマルチブースターに合わせ、お客様ご希望のアンテナ工事を行うということは、通常の手順とは逆になります。

今回のケースですと、通常行うことのない混合工事を、追加で施工させていただきました。

現場の状況に合わせたブースターを選べば、この工事は不要でした。

このように、価格も高くなり、余計な工事も追加になるなどになるケースが多いため、ハウスメーカー様側で予めブースターを設置する場合は、注意が必要になります。

どちらかというと、メリットよりもデメリットの方が多いと思います。

 

この度はStar Antenaに、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

© 2020 愛知・岐阜のアンテナ工事専門|Star Antena