愛知県のアンテナ工事 小牧市のアンテナ工事 屋根裏アンテナ設置工事

屋根裏テレビアンテナ工事がやり易い形状の建物/愛知県小牧市

  1. HOME >
  2. 愛知県のアンテナ工事 >

屋根裏テレビアンテナ工事がやり易い形状の建物/愛知県小牧市

Star Antena のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

愛知県小牧市の一戸建て新築住宅に、Star Antena 一番人気の屋根裏テレビアンテナ工事を行いました。

人気の屋根裏アンテナ工事ですが、建物形状や屋根裏スペースによって大きく電波状況が変わるので、今回はその辺りの説明をさせていただきます。

一戸建て住宅は様々な形状の建物があります。こちらの住宅は、四方が雨樋に囲まれた建物で、寄棟屋根住宅に分類される住宅です。

この形状の建物は、屋根裏スペースの広さによって、設置可能かどうかが左右されることがあります。

人が建って歩ける程のスペースが理想ですが、こちらの住宅はそこまで広くはありません。しかし、膝立状態であれば移動できますので、まあまあの広さではないでしょうか。

屋根裏スペースが狭いと、屋根裏内で電波が乱反射して、受信感度が低下します。また、設置可能なポイントも空間が狭いと限定されるため、施工できない可能性が高まります。

一方で、屋根裏スペースが広いと、屋根裏内の乱反射が少なくなり、設置可能なポイントも広範囲に探ることができますので、施工できる可能性が高まります。

一般的に、切妻屋根住宅が一番広く、次にこちらの住宅のような寄棟屋根住宅となります。

逆に、陸屋根住宅は狭く、片流れ住宅も狭い場合が多い傾向になります。

周辺の環境も重要です。

こちらの住宅のように、隣家までの距離がある場合は、電波状況は良好な場合が多く、住宅が密集しているような環境ですと、電波が弱くなる傾向になります。

様々な要因が絡み合っておりますので、最終的には現地調査が必要ですが、設置検討のポイントをご紹介させていただきました。

この度は、Star Antena にご依頼いただき、誠にありがとうございました。

© 2020 愛知・岐阜のアンテナ工事専門|Star Antena